高脂血症の基礎知識

・高脂血症について・
高脂血症とは、血液中にふくまれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことをいいます。高脂血症ともいわれていました。血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。それが高脂血症という病気です。ペニス増大一般的には「血液がドロドロの状態」、それが高脂血症といってもいいでしょう。高脂血症には、自覚症状はほとんどありません。そのため気づくのが遅れ、ある日とつぜん心筋梗塞などの発作におそわれる人が少なくありません。発作を防ぐには、毎日の生活に気をつけることと、健康診断などで「高脂血症の疑いがある」といわれたときは、放置せずに早めに受診して医師の指導を受けることが大切です。

・高脂血症の検査・
現代病のひとつとして近年深刻な問題となっている高コレステロール血症において、その原因ははっきりしてきております。主な原因としては、肉類、油物中心の食生活や暴飲暴食、喫煙、アルコールの摂取、慢性的な運動不足が挙げられます。元来日本人は魚類や穀物、海草類などの健康的な食事が主たるものだったため、このような問題とは無縁ではあったものの、近年における食事の欧米化によって爆発的に増加したケースであるとも言われています。媚薬また、世の中に溢れる様々な便利なものによって身体を動かす必要はほとんど無くなり、運動不足の状態が常となってしまっているのも近年における大きな特徴と言えるでしょう。さらに、ストレス社会とも言われるように、様々な外的要因によって極度のストレスを一身に受けてしまうと言うことも多くなり、そこから喫煙量やアルコール摂取量が増加することで、血中のコレステロールや中性脂肪が飛躍的に増加してしまい、高コレステロール血症を発症してしまう、メタボリック症候群や糖尿病などの現代病とも言われる生活習慣病にまで発展してしまうケースが多発しているのです。

・高脂血症・高血圧の種類・
脂質異常症は、その原因によって「原発性高脂血症」と「続発性高脂血症」の2つに分けられます。また、異常値を示す脂質の種類によって「高LDLコレステロール血症」「低HDLコレステロール血症」「高トリグリセライド血症」にも分けられますが、一人の患者さんが複数のタイプをあわせ持っていることもあります。
原発性高脂血症
遺伝によって発症する脂質異常症で、はっきりした遺伝子で起こるものも、まだ遺伝子が同定されていないものもあります。原発性高脂血症のひとつである「家族性高コレステロール血症」は、遺伝が強く関係しており、生活習慣とほとんど関係なく起こります。
二次性高脂血症
他の病気や薬が原因となって起こるタイプの脂質異常症です。早漏原因となっている病気を治療したり、可能ならば薬を変えたりやめたりすることで、脂質異常症を改善することができます。原因となる病気には、甲状腺機能低下症や肝臓病、腎臓病、糖尿病などが、原因となる薬には、ステロイドホルモン剤や利尿薬、避妊薬などがあります。
高LDLコレステロール血症
動脈硬化に関係が深いLDLコレステロールが高いタイプの脂質異常症です。
低HDLコレステロール血症
動脈硬化を防ぐ働きを持つHDLコレステロールが低いタイプの脂質異常症です。
高トリグリセライド血症
動脈硬化と関係が深く、急性すい炎とも関係があるトリグリセライドが高いタイプの脂質異常症です。

・高脂血症の予防・
動脈硬化を防ぐには、その危険因子を取り除くため、生活習慣を見直す必要があります。
食事
エネルギーを摂りすぎないことが最も重要です。高血圧が気になる人は、塩分の量も控え、高脂血症の人は飽和脂肪酸を含む食品と、コレステロールを多く含む食品を控えるようにします。ビタミン類にはコレステロールが血管の壁に進入するのを妨げる作用があります。また食物繊維には高血圧を改善したり、血中コレステロールを減らす働きがあります。野菜や果物、海藻、きのこ、豆などをメニューに増やしましょう。
運動
適度に身体を動かすことは、高脂血症や高血圧、肥満の予防になります。歩行やランニングなど、持続的に行える運動が最適です。効果をあげるポイントは、1回20分以上、週に2~3回、3か月以上続けることです。ただし血圧が高い人は、心筋梗塞などの急な発作を防ぐため、医師と相談してから始めるように。
薬物療法
食事の改善や運動によってあまり効果がみられない場合は、薬物療法を併用します。血液中の脂肪分を減らす薬、高血圧を改善する薬、血栓ができるのを防ぐ薬などがあります。
かつて動脈硬化は、進行することはあってもよくなることはないといわれていました。しかし近年は、生活習慣の改善によって血管が若返ることが報告されています。生活習慣の改善は、早めの取り組みが肝要です。定期的に健康診断を受け、高脂血症、高血圧など、動脈硬化の危険因子が発見されたら、生活習慣を見直してみましょう。

>>レビトラは、男性機能障害の勃起不全を改善する薬です。効果は15分ぐらいで出てきます。バイアグラやシアリスよりも錠剤が小粒で服用がしやすいです。

>>シアリスの成分には特別なものが含まれて、素晴らしい効き目があります。勃起改善効果が36時間持続して、評価は本当に高いと考えられます。

>>勃起不全とは、性行為時の勃起機能が低下している状態をいいます。勃起不全の治療薬というと、バイアグラが有名です。

>>精力剤とは、「肉体的な疲れ」や「精神的な疲れ」を軽減します。精力剤は男性の勃起問題を根本的に改善できます。