高脂血症の症状情報

高脂血症の合併症はいろいろあります。例えば、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、コレステロール性胆石、糖尿病、痛風などの病気があります。高脂血症は生活習慣病の一種としてよく知られていますげど、多くの人が高脂血症の危険性を意識できません。実は高脂血症は糖尿病や高血圧症などの生活習慣病と同じ、高脂血症になると、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、コレステロール性胆石、糖尿病、痛風などの合併症の発病率が高いと報告されています。それで、高脂血症を予防するために、高脂血症の症状を了解することが重要と認められています。

高脂血症の自覚症状
一般的に高脂血症のほとんどの場合は、血液中に脂質が増えるだけで、何も自覚症状が現れません。それで、健康診断などで血液検査を受けて、はじめて気づく場合が多いのです。でも、家族性高脂血症の場合、症状の一般的な特徴は高コレステロール血症、アキレス腱黄色腫、冠動脈硬化症(狭心症、心筋梗塞)で、特にアキレス腱黄色腫は他のタイプの脂質異常症ではみられません。それで、脂質異常症と診断されても、自覚症状がないので、軽く受け止めて、そのまま放置してしまうケースも少なくありません。しかし、そこが脂質異常症の怖いところなのです。一般的に高脂血症は自覚症状があまりありません。自覚症状を感じできた場合、合併症になった可能性が高いと認められています。

高脂血症の検査症状
高脂血症の検査は一般的に血液の中のLDLコレステロール値、HDLコレステロール値、トリグリセライド値(中性脂肪値)、総コレステロール値、non HDLコレステロール値を測ることで高脂血症を判断します。例えば、健康な方のLDLコレステロール値は140mg/dL未満で、140mg/dL以上になると、高LDLコレステロール血症と診断されます。ただし特定の病気をお持ちの方は、120~139mg/dLになると境界域高コレステロール血症と診断されます。