高コレステロール血症と高脂血症は違う病気なの?脂質異常症って何?

「高コレステロール血症」「高脂血症」「脂質異常症」は、いずれも血液中の脂質成分が異常値になっている状態を指しています。2007年より高脂血症と高コレステロール血症を総称して、脂質異常症と呼ぶようになりました。

日本動脈硬化学会の見解による脂質異常症の新基準値は以下のようになっています。

・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)・・・140mg/dl以上

・HDLコレステロール(善玉コレステロール)・・・40mg/dl未満

・中性脂肪(トリグリセライド)・・・150mg/dl以上

※空腹時に採血したデータを使います。

このデータによれば、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が140mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dl以上のいずれか、または両方であれば高脂血症になります。

またLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が140mg/dl以上であれば高コレステロール血症になります。

しかし、このデータには総コレステロール値の基準値がありません。その理由に総コレステロール値が高くなるのが、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が高くなる場合もあるためといわれています。

「高コレステロール血症」とは、LDLコレステロールが140mg/dL以上の状態です。

「高脂血症」とは、「高コレステロール血症」もしくはトリグリセライドが150mg/dL以上(高トリグリセライド血症)のいずれか、または両方である状態です。

このように、「脂質異常症」とは「高コレステロール血症」と「高脂血症」を含んだ病名です。

脂質異常症は動脈硬化を引きおこし、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気につながります。脂質異常症の原因としては、家族性のものや遺伝子異常のほか、生活習慣の乱れ(過食・運動不足・喫煙)が挙げられます。また、さまざまな原因が複雑に関与していることも多いので、医師や管理栄養士とともに原因を考えながら自分にあった対策を立てていくことが大切です。